タンクレストイレの停電時の対処法!〜停電でも水は流せます〜

トイレ

 

こんにちは、現役リフォーム営業マンのハヤシです!  

 

今回はタンクレストイレの停電時の流し方についてまとめました!

タンク付きの場合は停電でも水を流せますが、タンクレスの場合は停電時は通常通りに流れなくなってしまいます。

しかし、結論からいうと各メーカー共に停電時でも水を流せるように非常用の使い方がありますので安心です。

それぞれのメーカーご毎に使い方もご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

なんでタンクレストイレは停電だと流れないの?

 

タンクレストイレは給水管から直接便器に水を流しているのですが、その途中で『電磁弁』というふたがついており、これにより水を流したり止めたりという調整をおこなっています。

そしてこれは電気の力で動いているので、停電で電気が止まってしまうとこの電磁弁が動かなくなり、水が流れなくなってしまいます。

しかし、各メーカーでそんな非常時でも使えるように様々な対処法がありますのでご紹介していきます!

 

TOTOの場合

 

TOTOのタンクレストイレ、ネオレストの場合は便器本体のサイドカバーを外すと白いリングの付いたレバーがあります!

 

※交換できるくんより引用

 

このレバーを30秒間引っ張り、ピピっと電子音が鳴った後に離すと水が流れるようになっています。

しかしこの方法だと、24時間or20回までの使用しかできません。

もしそれ以上に停電が続くような場合は乾電池をセットする必要があります!

上記のサイドカバーを外すと同様に乾電池ボックスがありますので、そこに『単三電池2本』をセットします。

※ユウラシク様より引用

 

このように乾電池を使用すれば長期間使用する事ができます!

 

※下記TOTOの動画サイトにて『停電時安心設計』から動画で使用方法を閲覧できます!

TOTOトイレ 特長・機能紹介 | TOTO

リクシルの場合

 

リクシルのタンクレストイレ、サティスの場合です。

 

サティスの場合はSタイプとGタイプに分かれており、Sタイプの場合は便器のサイドに、Gタイプの場合は便器の上部にカバーがあるのでそれを外します。

 

※交換できるんくんより引用

上記のSタイプの場合は、画像の赤いレバーを手前に引くと水が溜まり、奥に倒すと水が流れる仕組みとなっています。

 

 

上記Gタイプの場合は、赤いレバーが付いた状態で左側に回すと水が溜まります。そして上記の画像のように引っ張り上げると水位が上がっていき、話すと一気に水が流れる仕組みとなります。

 

 

パナソニックの場合

 

パナソニックのタンクレストイレ、アラウーノの場合です。

アラウーノはサイドカバーを外すと白いハンドルのようなものがあります。

これを回すと排水される仕組みです。

しかし、アラウーノの場合は自動では給水されませんので、この停電時の洗浄をおこなった場合は、水が空っぽになり下水の匂いなどが上がってきてしまいます。ですので利用後は自分でバケツなどで水を汲み、再度トイレの内部に水を入れてあげる必要があります。

 

また、新型アラウーノの場合は、乾電池での洗浄も可能です。

本体の上部のカバーを開けると『9V角型』の電池を入れられますので、それをセットしておけば通常通りの洗浄がおこなえます。

 

まとめ

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

最新のタンクレストイレは災害時にも利用できるようにしっかりと工夫されていますね!

もちろん、タンクレストイレならではのメリット・デメリットもありますのでしっかりと他のトイレと比較・検討して選ぶようにしてみて下さい!

では、また!

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
hayashi

hayashi

都内でリフォーム営業マンとして働いております! これからリフォームをしたいという方に向けて少しでも役に立つような記事を書いていければと思いますのでよろしくお願い致します!!

コメント