【内容別】トイレリフォームに掛かる費用を現役営業マンがまとめました!

トイレリフォームに掛かる費用を総まとめ トイレ

 

こんにちは、現役リフォーム営業マンのハヤシです!  

 

今回はトイレのリフォームに掛かる費用を内容別にまとめました!

急な出費になることも多いトイレのリフォームですが、どこまでリフォームするかによっても今後の使い心地が変わりますので、ぜひご覧ください。

 

ハヤシ
ハヤシ

今回の金額はあくまでも一般的な例です。リフォームの場合は現場の状況により金額が大幅に上下する可能性もあります。

 

スポンサーリンク

便座のみの交換

 

まず、トイレのリフォームの中で最も簡単かつ費用が安いのが便座のみの交換です。

便座だけであればホームセンターや家電量販店でも販売しており、それを自分で購入して自分自身で取り付ける事も可能です。

 

ハヤシ
ハヤシ

DIYが得意な方であれば問題ないですが、不安な方は業者に任せましょう。

 

便座も性能によって金額が上下します。

最低限の機能とメーカーも問わないという方であれば1万円台~

高いもので10万円程度のものがあります。

 

 

しかしこの便座のみの交換は組み合わせ型のトイレのみ可能で、タンクレストイレや一体型トイレの場合は本体毎の交換が必要となります。

 

トイレの部品の中で一番故障しやすい部分でもありますので、もしも便座のみの交換をしたい場合は、一度組み合わせ型のトイレにリフォームする必要があります。

 

最低限の機能なら1万円台~
・高級グレードなら9万円程度
※業者に頼むなら工賃は別途1万円程度

 

トイレ本体一式の交換

 

続いてはトイレ本体一式の交換です。

これはタンクレストイレや一体型のトイレも含まれ、組み合わせ型のトイレであれば便器・便座・タンクの交換となります。

現在一体型のトイレはあまり好まれていない為、もしもこだわりなどが無いようであれば組み合わせ型に変えてしまうのが良いでしょう。

また、タンクレストイレも便座のみの交換が出来ませんが、清掃性や機能性に優れており各メーカーが一番力をいれているので、最新のものが良いかたにはオススメです!

 

組み合わせ型でのオススメは『リクシルのアメージュZ』

安くて掃除がラク!リクシルのアメージュZを現役リフォーム営業マンが徹底解説
リクシルの組み合わせ型トイレ、アメージュZの紹介記事です!特徴や便座の種類、実際に工事をする際に安くするポイントまでをまとめましたので是非ご覧ください!

タンクレスならば『パナソニックのアラウーノ』

現役営業マンが惚れ込んだ!タンクレストイレのアラウーノ徹底解説!
今回はパナソニックのタンクレストイレ、アラウーノについて書かせて頂きます。 現在トイレのリフォームを検討されている方で、よくタンクレストイレの評判なんかも聞かれます。耐久性や性能面、今までとは異なる革新的なデザ...

の2機種がおすすめです!

 

費用はリクシルのアメージュZが15万円程度

パナソニックのアラウーノが20万円程度です。

 

便器の本体交換の際に気をつけたいのは、便器と床の設置面が汚れてしまう事です。

便器本体を交換して、今の便器よりも床との設置面が小さくなるようであれば汚れが出てきてしまいますので、同時に床の張替えなどもした方が仕上がりが綺麗になります。

 

・安いトイレの本体交換15万円程度~
・高いトイレの本体交換30万円程度~

 

トイレ本体交換+内装工事

 

続いてはトイレ本体と内装工事も一緒におこなうパターンです。

トイレ本体に加えて壁紙や床の張り替えもおこなえば空間全体が綺麗になるのでとても気持ちよくなります。おそらくトイレのリフォームで一番多いタイプですね。

 

最も多いのが壁紙の張り替えと、床はCF(クッションフロア)に張り替えるパターンです。

壁紙にも種類があり、消臭機能があるものや柄つきのものもトイレ空間では使われます。また、床のクッションフロアも水に強く、他のものと比べて安価なので大変人気です。

トイレ本体の交換工事にプラス4〜5万円程度みておけば問題ないです。

トイレ本体+内装工事(壁紙+CF)
20万〜35万円程度

 

この内装工事もこだわりを持つと金額が大分上がります。

例えば壁紙ではなく、防水のパネルを貼り付けたちなどです。パネルにすると掃除もし易く匂いも付きにくいので、オススメです。費用を考えるのであれば、腰高くらいまでをパネルにする事もあります。

 

全面パネル仕様 プラス8万円程度
腰高パネル仕様 プラス5万円程度

 

また、床の素材も上述したCF(クッションフロア)ではなく、フローリングやタイルにすると金額が上がります。

・フローリング仕様 プラス4万円程度
・タイル仕様    プラス8万円程度

 

 

トイレ本体交換+手洗い器の交換

 

トイレの空間が広いと手洗い器が付いているお宅もあると思います。

また、最近のタンクレストイレの場合は手洗い器がない事から、もともと手洗い器が無いお宅の場合はタンクレストイレ+手洗い器を一緒に取り付ける事もあります。

 

手洗い器の設置には、壁を一部壊したりなどの作業が発生するので、壁紙の張り替えも一緒におこなう事がほとんどです。

 

 

トイレ本体+内装工事(壁紙+CF)+手洗い器 35万〜50万円程度

 

 

和式から洋式への交換

 

築年数の古い住宅の場合は、和式トイレのお宅もあると思います。

これを洋式に変更する場合は、床のタイル部分を壊したり、壁にクロスを貼れるように下地処理をしたりなどで思ったよりも予算が掛かります。

 

和式から洋式へ
トイレ本体+内装(壁紙+CF) 40万〜60万円程度

 

 

トイレの増設

 

トイレの場所移動や、トイレをもう1室作りたい場合はトイレ工事の中で最も高くなります。

水周りの近辺に作る場合は、水道管の移動や排水管も近くにある為やりやすいですが、水周りから遠い所に作るとなると、床下や壁の中に入っている水道管をいじる必要がある為、とてもやっかいです。

また、トイレを新設する場合は壁やトイレのドアの取り付けも必要となります。

 

トイレの移設及び増設
トイレ本体+内装(壁紙+CF)+仕切り壁設置+トイレドア設置=60万〜80万円程度

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

水周りの中では比較的安く済むトイレですが、こだわり次第で今後の生活が快適になります。

予算と相談してしっかりとプランを決めてからリフォームをおこなうようにしましょう!

 

【2019年】現役営業マンが選ぶオススメリフォーム一括見積もりサイト
リフォーム会社で働く現役営業マンが、お客様目線で見た時にオススメできるリフォーム一括見積もりサイトを厳選致しました。各サイトの特徴や紹介手数料までを比較し、あなたに合ったサイトをご紹介致します!

 

The following two tabs change content below.
hayashi

hayashi

都内でリフォーム営業マンとして働いております! これからリフォームをしたいという方に向けて少しでも役に立つような記事を書いていければと思いますのでよろしくお願い致します!!

コメント